Welcome

インフォメーション

2019-10-14 16:28:00

2019年10月13日、マハティール首相が外国人が買える不動産価格について発言しました。

外国人の買える不動産の価格をRM1,000,000以上からRM600,000以上に減額するが、対象となる物件は、都市部の売れ残っている物件のみで、新規の物件には適用されない。また物件を購入した外国人に国籍が与えられるというようなことはなく、あくまでも休暇で遊びに来た時に使ってもらうためのもの。国籍については、一部の中国のディベロッパーやメディアがそのようなことを言って、中国在住の中国人にマレーシアの物件を宣伝したりしたことがための発言と思われます。

多くの日本人が投機目的でクアラルンプールやジョホールのコンドミニアムを購入した時期がありました。その後、中古のコンドミニアムの価格は期待に反して、ほとんど上がらず、借り手もつかないことが多く、借り手がついても家賃が安い、その上、転売時にRM1,000,000を価格が超えていないと日本人を含む外国人には売れず、マレーシア人にしか転売できないと状況になっています。今回の措置で、塩漬けになってしまった物件の転売のチャンスが広がるかと思われましたが、現在、売れ残っている物件でRM600,000のもののみが対象とのことで、以前に購入された物件の転売には適用されないようです。(少なくともマレーシアの英字新聞The Starにはそのように報道されています。)また今、これをチャンスにと、RM600,000からRM1,000,000未満の物件を購入しても、外国人に転売することができるのは、RM1,000,000以上の値上がった物件だけなので、投機目的ではほとんど旨味がありません。マレーシアに時折休暇に来るためだけの外国人が果たして、今回の措置でどれほど不動産を購入するかは未知数です。


2019-10-09 12:56:00

2019年10月8日の国会での答弁で、マハティール首相は、SST(サービス税・売上税)を止めて、GST(消費税に相当する間接税)を復活させることはしない、朝令暮改のような税制の変更は、経済に悪い影響を与える、と述べました。

GSTを止め、SSTを復活した時に十分な時間がなかったので、SSTからの税収は少ないが、GSTからの税収を超える日も近いと思うと発言しました。

GSTの復活を期待していた小企業の経営者としては少し残念です。しかしSSTの徴税が改善しない場合、またGST復活の議論が出てくるようにも思います。


2019-10-07 17:17:00

2019年10月6日のマレーシアの英字新聞「サンデー・スター」によりますと、人的資源大臣が以下の提案をしました。

1)民間企業の女性社員の産休を現行の60日から98日に延長

2)延長する38日の内、19日は有給、19日を無給。

3)男性の父親休暇(子供が生まれた時)を新設し、期間は3日。

以上に関する雇用法の改正を閣議に提案するが、産休期間は90日になるかもしれない。公務員の産休はすでに90日になっているので、民間も延長をしたい。しかし雇用法の改定時期は未定。


2019-10-04 13:44:00

昨日(2019年10月3日)、マハティール首相はGST(消費税に相当する間接税)の復活もあり得る、ただし復活する場合、2020年度予算からの実施ではなく、それ以降になるだろう、との発言をしました。

 

GST復活を後押しする状況は、

1. GSTの方が現行のSST(サービス税・売上税)よりも政府の税収が増えるためです。マレーシア政府の歳入に大きく貢献している原油の価格が低迷が長期化している中、石油依存の財政からの脱却が求められており、GSTがその財源となり得るからです。

2. GSTの復活で政府の歳入が増えると、政府に関係する会社が70%を占めるクアラルンプール株式市場が活況を呈することになるためです。

3. 相殺できない売上税から相殺できるGSTに変更になると、マレーシアからの輸出の促進に繋がるとの産業界からの要請のためです。

 

小さき規模でも、ビジネスをやっている私としては、GSTの復活を希望します。

 


2019-10-04 11:59:00

2019年10月3日のマレーシア英字新聞The Starによると、39歳の男性が、ビジネスを通して知り合ったクワンタン市(パハン州)の34歳の男から、マラッカ州の知事からダト(男爵に相当する爵位)を買えるが、興味があるかと聞かれ、RM650,000(約1600万円)を数回に分けて、34歳の男の口座に振り込んだが、数ヶ月経っても何の連絡もないので詐欺と気づき、警察に被害届け出をしたのことです。

マレーシアでは、各州のサルタンや知事、あるいは国王が授与する爵位に相当する称号を持つことが社会的なステータスになっており、これに関する詐欺も時々発生しています。20年ほど前、日本人でダトの爵位を売り歩いている人が、私に営業をしてきたのですが、私が興味がないというと、では営業を助けてくれと言ってきたので、見積もりをくれと言いましたら、ダトの爵位でRM200,000(当時のレートで約600万円)と書かれた見積書がファックスで届きました。もちろん私は営業をしませんでしたが、これも詐欺の1つだったのだと思います。別の手口では、ペラック州のサルタンの親戚筋にあたる人が、自分で勝手にダトの爵位をでっちあげ、金を取って、偽物のダトの授与式をホテルを借りてやったり、フィリピンの南部の旧イスラム王国の末裔の人がダトをマレーシアのビジネスマンに販売したしているというニュースなどが新聞に載っていました。

 

 


1 2 3